zarameのブログ

おすすめ本の紹介などしています。著者をア行からワ行まで順番に。

神楽坂 本のフェスに行ってきました

本日開催、神楽坂で行われる2018年本のフェスに行ってきました。

 

「目指すのは、本の世界の野外フェス」というスローガンに惹かれて見に行きましたが、想像以上にお得で楽しめました。

honnofes.com

飯田橋駅西口から交番を通り過ぎ、神楽坂通りをのぼって会場に着くまで15分くらい。行きがけは気づかなかったけど、イベントスタッフの方が立って案内していました。本関係のイベントは、あまりそういうのが無いので最近はすごいなあと感心しました。入口はこんな感じ。

f:id:zaramechan:20180324164426j:plain

f:id:zaramechan:20180324164434j:plain

会場前にはイベントスペースと飲食ブースがあり、ちょっとしたお祭り気分になれます。カレー屋、タコスの店、コーヒーと軽食のキッチンカーでした。座るスペースがあったのがよかったです。

f:id:zaramechan:20180324165648j:plain

f:id:zaramechan:20180324165813j:plain

 

そのほか、人が集まっているスペースを覗いてみると、新潮文庫のポスターを発見。

なんと、新潮文庫のブースではイメージキャラクター「キュンタ」の絵を描くと、本を1冊プレゼントするという太っ腹な企画。わたしは「月と六ペンス」をいただきました。新潮文庫さん、ありがとうございます。

f:id:zaramechan:20180324164741j:plain

さまざまなキュンタが飾られています。

f:id:zaramechan:20180324164749j:plain

建物の中に入ると、本の売り場だけでなくいろいろな企画コーナーが。

イベントコーナーで絵本の読み方を紹介したり、お話の書き方講座、各種講演など、本を買いに来た人以外も楽しめるような感じでした。

なかでも気になったのが「AI書店員ミームさん」です。

カメラに映った人の年齢や性別、表情を分析しておすすめの本を紹介してくれます。今回は本屋大賞関連作からおすすめを選ぶとのことです。わたしもやってもらいました。

f:id:zaramechan:20180324165530j:plain

どうやら穏やかな顔らしいです。退屈はしてなかったですが笑

f:id:zaramechan:20180324165619j:plain

今回は本屋大賞の本が対象でしたが、もっと色々とジャンルのおすすめだったり、広い分野からやってくれると楽しいだろうなと思いました。

 

ぐるっと本を見て、タコスを食べて帰ってきました。ボリューミーでピリッとした辛さがちょうどよくて美味しかったです。

f:id:zaramechan:20180324170305j:plain

本関連のイベントだと、古本市くらいしか行ったことがなかったので、イベントブースに軽食コーナーなど、お祭りのような雰囲気が新鮮で楽しかったです。

こういう新しいイベントがどんどん増えるとうれしいですね。