zarameのブログ

おすすめ本の紹介などしています。著者をア行からワ行まで順番に。

コウノドリの音楽

昨年2017年秋からTBSで放送していたドラマ「コウノドリ」はご存知でしょうか。

 

2015年10月から放送していたドラマの2期として放送された番組で、原作は講談社モーニングで現在も連載中のマンガです。1児の父である原作者が、わが子の出産を通して知った命の現場について。産婦人科医が主人公の作品で、リアルな産科医療の現場が舞台のヒット作です。命が生まれるまで、生まれてから起こるいくつもの葛藤、医療と倫理、そして奇跡を描いたヒューマンドラマです。

 

原作は、当たり前に思っていた出産、誕生について自分がどんなに無知でいたか、当たり前ではない奇跡の上で生まれてきたのか、ということ教えてくれる作品で、男女、世代を問わずだれにでも読んでほしいと思わせるマンガです。

 

 

さて、今回はドラマの方に主題をおいて話しますが、ドラマも原作から大きく外れることなく、俳優陣の名演技も光るすごい作品です。普段、映画やドラマで泣くことはほとんどない私でも、ハンカチなしに観るのは辛いくらい、息もつかせぬ展開と迫真の演技が心に響きました。綾野剛さん、星野源さん、吉田羊さん、松岡茉優さんなど俳優陣が好きな人にもおすすめです。


名シーンをもう一度! 『コウノドリ』第1~5話 SPダイジェスト 金曜22時【TBS】

 

このドラマ自体の魅力はまだまだたくさんあるのですが、イチオシしたいのがサウンドトラック、テーマ曲となっているピアノです。

ピアノテーマの音楽監修を行っているのはピアニストの清塚信也さん。1期2期と続いて担当しています。2000年第1回ショパン国際ピアノコンクール in ASIA 第1位、2004年第1回イタリアピアノコンコルソ金賞、2005年日本ショパン協会主催ショパンピアノコンクール第1位など、国内外のコンクールで数々の賞を受賞しているほか、人気ドラマ「のだめカンタービレ」にて玉木宏氏演じる「千秋真一」、映画「神童」では松山ケンイチ氏演じる「ワオ」の吹き替え演奏を担当したことで脚光を浴びたピアニストです。

コウノドリピアノ曲は「まるで歌詞がついているような」「ドラマの世界観にぴったり」など話題を呼び、ドラマと合わせてコンサートが開かれるなど、反響が大きいものでした。

技巧もさることながら、本当に歌が聴こえてくるような、心に迫る音楽が特徴的で、ドラマでは全編聴くことは難しいですが、CDや動画などで聴くことができるので、ぜひ1曲を通して聴いてもらいたい曲ばかりです。演奏家としてだけでなく、作曲家としても非凡な才能を感じました。ピアノを習ったことがある人なら、意外と弾きやすい曲もあるので、挑戦してみてもいいかもしれません。

 


清塚信也 - For Tomorrow (TBS系 金曜ドラマ「コウノドリ」(2017)メインテーマ)

 

TBS系 金曜ドラマ「コウノドリ」The Best Tracks

TBS系 金曜ドラマ「コウノドリ」The Best Tracks