本の虫生活

おすすめ本の紹介などしています。著者をア行からワ行まで順番に。

【アート×読書】ヨコハマ読書会参加レポ

先週の日曜日、ヨコハマ読書会さんに初参加してきました。 アート鑑賞会と読書会というちょっと斬新な取り合わせに心惹かれ、ドキドキしながらの参加でした。 【開催レポート】第19回ヨコハマ読書会&アート鑑賞会開催しました。 #ヨコハマ読書会 #対話型ア…

【おすすめ本2019】58冊目 筒井康隆

おすすめ本紹介、58回目です。この記事では著者の五十音順に、わたしのおすすめ本を紹介しています。今回は筒井康隆氏。 家族八景 (新潮文庫) 作者: 筒井康隆 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 1975/03/03 メディア: 文庫 購入: 19人 クリック: 361回 この商…

【不条理を読む】シーシュポスの神話

『異邦人』で有名な不条理作家、カミュの随筆『シーシュポスの神話』を読了しました。 シーシュポスの神話 (新潮文庫) 作者: カミュ,清水徹 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 1969/07/17 メディア: 文庫 購入: 7人 クリック: 42回 この商品を含むブログ (80…

【おすすめ本2019】57冊目 陳舜臣

おすすめ本紹介、57回目です。この記事では著者の五十音順に、わたしのおすすめ本を紹介しています。今回は耽美派から陳舜臣氏。 小説十八史略(一) (講談社文庫) 作者: 陳舜臣 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 1992/01/08 メディア: 文庫 購入: 1人 クリッ…

【読了】リラと戦禍の風

4月の上田早夕里さんの新刊、『リラと戦禍の風』を読了しました。 リラと戦禍の風 作者: 上田早夕里 出版社/メーカー: KADOKAWA 発売日: 2019/04/18 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 上田さんのイメージはSF寄りだったので、読む前からファン…

【空飛ぶ読書】パラグライダー体験に行ってきました

GWなので、パラグライダー体験に行ってきました。 スカイダイビングやグライダーに前から興味を持っていましたが、何となく機会を逃し続けていたので10連休を機に初挑戦してきました。飛行機もいいですが、グライダーは体験から競技まで幅広く現在でも行われ…

【おすすめ本2019】56冊目 谷崎潤一郎

おすすめ本紹介、56回目です。この記事では著者の五十音順に、わたしのおすすめ本を紹介しています。今回は耽美派から谷崎潤一郎氏。 痴人の愛 作者: 谷崎潤一郎 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2013/08/09 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る…

【おすすめ本2019】55冊目 谷川俊太郎

おすすめ本紹介、55回目です。この記事では著者の五十音順に、わたしのおすすめ本を紹介しています。今回は詩人の谷川俊太郎氏のエッセイです。 ひとり暮らし (新潮文庫) 作者: 谷川俊太郎 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2010/01/28 メディア: 文庫 購入:…

【おすすめ本2019】54冊目 田辺聖子

おすすめ本紹介、54回目です。この記事では著者の五十音順に、わたしのおすすめ本を紹介しています。今回は田辺聖子氏。 新源氏物語(上) (新潮文庫) 作者: 田辺聖子 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 1984/05 メディア: 文庫 購入: 3人 クリック: 18回 こ…

【おすすめ本2019】53冊目 田中芳樹

おすすめ本紹介、53回目です。この記事では著者の五十音順に、わたしのおすすめ本を紹介しています。今回は田中芳樹氏の代表作です。 銀河英雄伝説 1 黎明編 (創元SF文庫) 作者: 田中芳樹,星野之宣 出版社/メーカー: 東京創元社 発売日: 2007/02/21 メディア…

【おすすめ本2019】52冊目 太宰治

おすすめ本紹介、52回目です。この記事では著者の五十音順に、わたしのおすすめ本を紹介しています。今回は太宰治氏。 最近、直筆原稿が見つかり話題になったこちらをご紹介します。 お伽草紙 (新潮文庫) 作者: 太宰治 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2009…

【おすすめ本2019】51冊目 武田砂鉄氏

おすすめ本紹介、51回目です。この記事では著者の五十音順に、わたしのおすすめ本を紹介しています。今回は武田砂鉄氏。 紋切型社会 (新潮文庫) 作者: 武田砂鉄 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2019/02/28 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る 『何…

【おすすめ本2019】50冊目 高村薫

おすすめ本紹介、50回目です。この記事では著者の五十音順に、わたしのおすすめ本を紹介しています。今回は高村薫氏から。 黄金を抱いて翔べ (新潮文庫) 作者: 高村薫 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 1994/01/28 メディア: 文庫 購入: 5人 クリック: 47回 …

【百鬼夜行シリーズを読み解く】③神秘体験と自己意識

百鬼夜行シリーズ読み解き記事、第3弾です。 宗教と精神分析という異色の取り合わせが交錯する『狂骨の夢』の読み解きに挑戦します。いつもながら完全にネタバレを含み、かつ未読の方にはわかりにくい内容になっていますのでご留意ください。 文庫版 狂骨の…

京都・岡山旅行記

先日、会社の退職を機に小旅行に行ってきました。岡山に住んでいたのですが、その割に全然観光していなかったので(倉敷くらい)最後に行けてよかったです。京都は少しずつコンプリートしているのですが、いつまでも制覇できない見所満載の土地なので、また…

【おすすめ本2019】49冊目 高野和明

おすすめ本紹介、50回目です。 そろそろこの連載も折り返しまで来たような気がしてきます。この記事では著者の五十音順に、わたしのおすすめ本を紹介しています。今回は高野和明氏から。 ジェノサイド 上 (角川文庫) 作者: 高野和明,. 出版社/メーカー: KADO…

【おすすめ本2019】48冊目 瀬尾まいこ

おすすめ本紹介、48回目です。この記事では著者の五十音順に、わたしのおすすめ本を紹介しています。今回は瀬尾まいこ氏。 幸福な食卓 作者: 瀬尾まいこ 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2004/11/20 メディア: 単行本 クリック: 47回 この商品を含むブログ …

【おすすめ本2019】47冊目 ジェーン・スー

おすすめ本紹介、45回目です。この記事では著者の五十音順に、わたしのおすすめ本を紹介しています。今回はジェーン・スー氏。 貴様いつまで女子でいるつもりだ問題 (幻冬舎文庫) 作者: ジェーン・スー 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2016/04/12 メディア…

【100記事達成記念告知】こんなブログを書いてます

ついに、目標の100記事目に突入しました。 ブログをはじめたときに「とりあえず100記事書こう!」と意気込んだものの遅々として進まず、もう駄目かと思いながら気が付いたらこの記事を書いていました。 区切りがいいので、初心にかえってブログの紹介をしま…

【哲学×ミステリ】慈雨ように優しく、針のように鋭く心を打つ新感覚コミック

最近読んだマンガがものすごく好みだったので記事を書きます。 この記事は読まなくていいですが、とにかく多くの人に読んでほしいマンガです。 ミステリと言う勿れ(1) (フラワーコミックスα) 作者: 田村由美 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2018/01/29 …

【百鬼夜行シリーズを読み解く】②偶像とシンクロニシティ

京極夏彦の百鬼夜行シリーズについて1作品ずつ語っていく記事第2弾です。 シリーズ2作目『魍魎の匣』に挑戦してみました。 文庫版 魍魎の匣 (講談社文庫) 作者: 京極夏彦 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 1999/09/08 メディア: 文庫 購入: 17人 クリック…

【おすすめ本2019】46冊目 フェルディナント・フォン・シーラッハ

おすすめ本紹介、46回目です。この記事では著者の五十音順に、わたしのおすすめ本を紹介しています。今回はフェルディナント・フォン・シーラッハ氏から2冊。 犯罪 (創元推理文庫) 作者: フェルディナント・フォン・シーラッハ,酒寄進一 出版社/メーカー: …

【ペレーヴィンを読み解く】内面世界で見る夢は、外界を超越するか

昨年読書会で出会い、瞬く間にのめりこみました。 昨年参加した読書会で出会い、貸していただいた本です。 現代ロシア文学という全く馴染みのない分野でしたが、最近では全然読むことが無かった哲学的で不思議な文体に夢中になり、無謀にも読み解きに挑戦し…

【おすすめ本2019】45冊目 アルトゥール・ショーペンハウアー

おすすめ本紹介、45回目です。この記事では著者の五十音順に、わたしのおすすめ本を紹介しています。今回はアルトゥール・ショーペンハウアー氏。 読書について (光文社古典新訳文庫) 作者: ショーペンハウアー 出版社/メーカー: 光文社 発売日: 2015/09/25 …

【おすすめ本2019】44冊目 清水義範

おすすめ本紹介、44回目です。この記事では著者の五十音順に、わたしのおすすめ本を紹介しています。今回は清水義範氏。 国語入試問題必勝法 (講談社文庫) 作者: 清水義範 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 1990/10/08 メディア: 文庫 購入: 3人 クリック: 6…

【コンサートマナーは何故必要か】辻井伸行氏のサントリーホール公演について

昨日、辻井伸行氏のピアノリサイタルに行ってきました。 チケットを取った数か月前からずっと楽しみにしていたコンサートでした。最近ではオーケストラとの共演や室内楽のコンサートが続いていたので、辻井さんのピアノ曲をじっくりと堪能できるリサイタルは…

【百鬼夜行シリーズを読み解く】①‟名づけ”で読む姑獲鳥の夏

京極夏彦の百鬼夜行シリーズについて1作品ずつ語っていく記事第1弾です。シリーズ第1作目『姑獲鳥の夏』の読み解きに挑戦してみました。 昨年末十二国記シリーズの最新作の発表があったように、今年こそ鵺の碑の続報があるのではないかと期待しています。…

【おすすめ本2019】43冊目 篠田節子

おすすめ本紹介、43回目です。この記事では著者の五十音順に、わたしのおすすめ本を紹介しています。今回は篠田節子氏から2冊。 インドクリスタル 上 (角川文庫) 作者: 篠田節子 出版社/メーカー: KADOKAWA 発売日: 2018/01/25 メディア: 文庫 この商品を含…

【2019年目標】読書と記書と話書

新年あけましておめでとうございます。 昨年はこのブログを本格的に書き始めたり、イベントに参加したり有意義な一年を過ごすことができました。 今年はもっと進捗管理をしたり、目的を明確にして継続していきたいと思います。本紹介以外にも色々と書く予定…

【2018年イチオシ本ベスト10】今年読んだ本たち

今年もいよいよ今日で終わりとなりました。 慌ただしくあっという間に過ぎていった1年だったように思います。 今年から本格的に記事を書き始めて、誰も読んでくれないんじゃないか、バッシングを受けるのではないかと戦々恐々としていたのですが、そんなこ…