本の虫生活

おすすめ本の紹介などしています。著者をア行からワ行まで順番に。

若様組がいとおしい

畠中恵の明治西洋菓子シリーズ「アイスクリン強し」の前日譚、「若様組まいる」を読了しました。

若様組まいる (講談社文庫)

若様組まいる (講談社文庫)

 

 ずいぶん前にシリーズ前作「アイスクリン強し」を読んでいましたが、その後続編が出ているとは知らず、最近になって3作目が出たことでこの作品を知りました。

 

前作で活躍した西洋菓子職人、ミナの幼馴染たちが今回は主人公です。明治の開化の世が舞台ですが、その恩恵を全く受けられなかった元旗本の「若様」たちは、皆世が世なら何百石の領地を統べる殿様となるはずの若者ばかり。しかし、明治維新によって徳川幕府は解体され、元旗本達は‟賊軍”として今までの土地や暮らしを全て奪われることになります。若様とは名ばかりで貧乏な上、元家臣たちの面倒を見るため毎日のご飯の心配をしなければならない有様です。そんな若様達が将来のために悪戦苦闘しながら前に進む、甘くてほろ苦い青春群像劇です。

 

わたしは、‟明治”という時代の分岐がどうにも気になり、明治ものなら小説からノンフィクション、漫画まで何でも手を出してしまいます。

何故この時代がそこまで気になるのか。それは、価値観の大転換があったからだと思います。ついこの間まで白だと思っていたことが突然黒に変わる。生活が、階級が、価値観が、隣人が猛スピードで変化していく。この流れで、富を得たりチャンスを掴んだ人がいる一方、取り残された人や消えていった物事はどれだけあるだろう。そう、想いを馳せずにはいられません。

 

本書で活躍する「若様」達は、取り残された典型の元武士の子孫。この若様たちが、巡査になることを目指して警察予備学校を受験するところから、物語はスタートします。

 

薩摩の勢いの強い警察組織で、若様たちは嫌がらせを受けたり、同期と衝突したりしながら何とか日常に慣れていきます。いがみ合っていた同期達が、次第に心を許せる仲間になっていく展開は、爽やかな青春を感じるストーリーです。

しかし、やっぱりそこで甘いだけではいかないのがこのシリーズ。甘いお菓子をテーマにして苦い現実を描写した前作と同様、そしてそれ以上に、若様達の直面する現実は苦く遣る瀬無いものがあります。

本作の主人公格、長瀬の心理描写にはちょっと切なくなりました。上手く行くことばかりではないし、選びたくても選べないものがある。でもそれを嘆くのではなく、現実を生きるために別の道へと踏み出して行く若様たちは、とてもカッコいいです。

 

このシリーズは最新作、「若様とマロン」が最近文庫化しており、読むなら今がおすすめです。

本屋さんを巡っても出会えないときが割と多かったので、シリーズが出ている今がチャンスです。本作「若様組まいる」だけでも単品で読めますので、ご興味のある方はぜひ今がおすすめです。

純粋な推理の極限

「九マイルもの道を歩くのは容易じゃない、ましてや雨の中となるとなおさらだ」

 

本の題名にもなったこの台詞。こんな短い一文から一つの筋道立った推論を導きだすことは可能なのか。安楽椅子探偵ものの純粋な推理の極限を見ることができる作品です。

九マイルは遠すぎる (ハヤカワ・ミステリ文庫 19-2)

九マイルは遠すぎる (ハヤカワ・ミステリ文庫 19-2)

 

 

ミステリというと、不可思議な事件が起きた後、そのときの状況や関係者の動向、さらに過去や背後関係を探偵役が調べ、推論を導き出すというイメージがあります。探偵は警察関係、少年少女、大学教授、陰陽師、パティシエなど、作品によって千差万別ですが、事件が起きてそれを解決するという『型』は、大体共通しているものだと思います。この小説の奇抜なところは、その型を大きく外してくるところです。

 表題作『九マイルは遠すぎる』という短い短編のなかで提示される事件(=謎)はただ1つ。

 

「九マイルもの道を歩くのは容易じゃない、ましてや雨の中となるとなおさらだ」

 

 誰が、どこで、どんな状況で発されたのかさえわからない短い言葉から、何事かの結論など導くことは本当に可能なのでしょうか?

事件でもなんでもないただの一文には、調べるべき現場もなければ関係者、目撃者もいません。探偵は純粋な推理のみで謎を解き明かさなければならず、証拠など最初から調べようもないです。

純粋な推理といっても、これでは妄想と変わりがないのでは?そんな考えも浮かびますが、そうさせないところがこの小説の凄いところです。

 

・発言者はどんな人物?

・時間帯は?

・歩いている場所は?

そして

・九マイルの距離をなぜ歩いて移動している?

 

こんな風に、少なすぎる材料から仮定を繰り返し、徐々に詳細な状況を炙り出していきます。まだ読んだことのない方は、ちょっと予想(妄想?)してみてから読むとまた面白いかもしれません。

 

純粋な推理の面白さを存分に楽しめる1冊です。ミステリ好きで、色々な作品を読んでいる方ほど、変わった趣向を面白く感じるかもしれません。わたしは王道(ホームズやクリスティなど)から最近の作家さん(創元社系など)まで割と読む方ですが、それでも本書は目新しく感じました。

 

思考することは面白い。そんな事を思わされました。

 

アフリカという魅力

 いつか読みたいと思っていた小説のひとつ、コンラッド『闇の奥』を読了しました。

 

闇の奥 (光文社古典新訳文庫)

闇の奥 (光文社古典新訳文庫)

 

 イギリスの船乗りマーロウが、かつて自分が体験した数奇な船旅について独白する物語です。

<あらすじ>

マーロウは、あるとき叔母のの助力を借りて、貿易会社の所有する船の船長として、アフリカに赴任することが決まった。彼に課せられた仕事は、コンゴ自由国(現コンゴ民主共和国)で蒸気船に乗り、ある男を連れ帰ることだった。マーロウは、象牙貿易で莫大な富を生み出し、現地の人の間で教祖のように崇拝されているというその男に興味を持ち、アフリカの奥地まで船を進めてついに、その男と対面を果たすが…。

 

意外と短い物語ですが、一文一文の重みというか密度を感じて、結構時間がかかりました。ゆっくり読むと、マーロウの遅々とした旅路、謎の人物を訪ねに行く期待と不安をより感じることができました。

本に注記がありますが、あえて‟差別的な表現”を残したまま翻訳しているため、18世紀末~19世紀ごろの帝国主義の空気、植民地支配の苛烈さを感じさせる内容になっています。アフリカで横行した奴隷貿易、強制労働の過酷さも描かれていますが、本作ではもう一段違う側面も描いています。それが『未知への憧れと恐怖』です。

帝国主義の容赦のない支配のもと、植民地にされた土地の人々はただ虐げられるしかなかった。これは歴史上、事実であると思います。しかし『闇の奥』で描かれたアフリカは、ただの被支配地域として描かれてはいないように見えます。欧米列強がはじめて踏み入った未知の土地。見慣れぬ動植物、気候、風俗に習慣。マーロウの目を通して見えるアフリカの大地は、得体の知れない畏怖を感じさせるものでもありました。支配したからといって、その土地の全てがわかる訳はない。人を服従させるといっても、心の底まではわからない。謎の男クルツ氏を魅了した、アフリカという未踏の大地への興味と憧れ、畏れをマーロウとともに追体験する、そんな小説でした。

 

治安の問題もありますし、ふらっと旅に行ける土地ではない。だからこそ、身近ではない謎に包まれたアフリカという土地には、他とは違った魅力があります。わたしもいつか行ってみたいですが、あっさりトラブルに巻き込まれそうでなかなか行く勇気が出ません。小説は、家にいたってアフリカへ旅ができる最高の手段です。異郷の地への旅は難しいですが、しばらくは小説で満たせればいいかなと思います。

 

【鵺の碑はいつ…?】鬼・河童読了

 百鬼夜行シリーズの最新作の連続刊行第一弾と第二弾、『鬼』『河童』をやっと読了しました。

いつのまにか刊行されていて、最近まで知りませんでした。一瞬「鵺の碑が出た!!?」と驚いたのですが、同一シリーズの他作品でした。長編もとても待ち遠しいですが、それでも久しぶりのシリーズ新刊は嬉しかったです。

 

①今昔百鬼拾遺 鬼

今昔百鬼拾遺 鬼 (講談社タイガ)

今昔百鬼拾遺 鬼 (講談社タイガ)

 

 <あらすじ>

昭和の辻斬り事件の7人目の犠牲者、片倉ハル子の友人であった呉美由紀は、ハル子の死を不審に思い知り合いの中禅寺敦子に相談を持ち掛けた。ハル子は事件前から自らの死を予見するような発言を繰り返していただけでなく、ハル子の周囲では『鬼の因縁』『鬼の刀』という怪しげな噂が囁かれていた。美由紀から相談を受けた敦子は、事件の真相究明に乗り出すが…。

 

「先祖代々、片倉家の女は斬り殺される」

血腥い噂のたちこめる片倉家と被害者のハル子、辻斬り事件。百鬼夜行シリーズらしい古の因縁と現代の事件がリンクする物語ですが、今回は探偵役がいつもと違うのが新鮮でした。論理的に、証拠と推論で事件の真相に迫るがいまいち自信の持てない敦子と、行動力に富むが考えをまとめて推理することは不得手な美由紀。安定感ある中禅寺秋彦榎木津礼二郎コンビとは違って、初々しさと不安定さの光る女性探偵コンビの活躍が楽しめる1冊でした。この作品の少し前に刊行された、土方歳三を主人公とした『ヒトごろし』の内容を一部含んでいるので、そちらと併せて読むとより面白いかもしれません(これ以上はネタバレになるので書きません)。

 

 

 ②今昔百鬼拾遺 河童

今昔百鬼拾遺 河童 (角川文庫)

今昔百鬼拾遺 河童 (角川文庫)

 

 <あらすじ>

呉美由紀と中禅寺敦子の探偵劇第二弾。

様子のおかしい水死体が次々と発見される連続殺人事件に、美由紀と敦子、さらには依頼を受けた益田となぜか多々良先生までが首を突っ込み、調査をかき回しながら真相に近づくドタバタ感の強い探偵劇です。千葉で次々と見つかる水死体は、奇妙にも尻を出しているという共通項があった。女学校で流れる河童の噂、美由紀の故郷の廃村、浅草で噂される宝石泥棒、そして不審な水死体。敦子たちは被害者の共通点、宝石泥棒の真実を追っていくが…。

 

河童のしわざという噂が流れ、河童に過敏に反応した多々良先生が事件を引っ掻き回し、益田の要領の得ない話ぶりに攪乱されて、前作『鬼』よりもコメディ色が強いドタバタ劇です。河童の正体には、あっと驚かされました。

 

 

以上、シリーズ新刊の感想でした。今月にもう1冊刊行と聞いていますが、今月はちょっと仕事がピークで読めそうにないので、ゆっくりお楽しみにしておきます。

ところで、本編『鵺の碑』はいつ出るのでしょうか…?

 

 

 

読書会で紹介した本

最近、久しぶりに立て続けで読書会に参加をしてきました。

その読書会で紹介させていただいた本を、折角なので記事でも紹介してみます。

 

1冊目がこちら。

時の娘 (ハヤカワ・ミステリ文庫 51-1)

時の娘 (ハヤカワ・ミステリ文庫 51-1)

 

 15世紀のイギリス、シェイクスピアの戯曲にもなった残虐非道として知られるリチャード三世をめぐる歴史ミステリです。

<あらすじ>

小説の舞台は現代のイギリス。捜査中の事故によるけがで入院生活を送るグラント刑事は、退屈を持て余していた。小説にもチェスにも興味のないグラント刑事は、何もすることのない病院に飽き飽きし、知人の持ってきた肖像画のひとつに偶々目を留めた。その肖像画から、几帳面でまじめすぎるほどまじめな人物を想像するが、実はその人物はかの有名な暴君、リチャード三世であった…。

刑事としての自分の鑑定が大きく外れたことにショックを受けたグラント刑事は、入院中の暇つぶしも兼ねてリチャード三世にまつわる真相を探るため、歴史書や小説をあたり、彼の素顔へと迫っていく。そして導き出される結論とは。安楽椅子探偵ならぬ寝台探偵として、当たり前と思われている歴史の真相を解き明かそうとする本作は、ミステリとしても歴史ものとして十分読み応えがあります。500年近く昔の話を、刑事事件の捜査のように解き明かしていく手法が面白かったです。この本はヨコハマ読書会さんと小説が好き!の会さんの両方で紹介させていただきました。

 

 

そして2冊目がこちら。

春にして君を離れ (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

春にして君を離れ (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

 

 最近読んだなかで一番のお気に入りです。

クリスティの作品のなかではとても異色な、自伝的小説ともいわれるミステリです(※ポワロもミス・マープルも登場しません)。手に取ったきっかけは、最近クリスティが気になり始めていることと、タイトルが素敵なことでした。何一つ事件は起きていないのに、鮮やかにすべてがひっくり返るどんでん返しを味わえるミステリです。

<あらすじ>

 弁護士として成功した夫、成人した三人の子どもを持ち、裕福で満ち足りた暮らしをするジョーン・スカダモアは、次女の急病の知らせを受けて訪れたバグダッドからの帰路で大雨に遭ってしまう。汽車で帰ろうとしていた彼女は、思わぬ天災に足止めをされ、何もない砂漠のレストハウスでひとり暇を持て余していた。手持ちの本も読んでしまい、手紙を書くことにも飽きてしまった彼女は、ふと思いついて自分の人生を振り返りはじめるが…。

ちょっとしたアクシデントが切っ掛けで、数日間物思いに耽ることになったジョーンが、内省を繰り返して自らの人生の『真実』に気が付きはじめる過程がみごとに描写されています。内心の変化、心の在り方ひとつで人生が180度別のものに見えてくる、そんな恐ろしさとすこしの物悲しさ、そしてドラマチックさが味わえる『事件のないミステリ』です。自分の人生に当てはめてみたら…と考えるとちょっと背筋が寒くなります。怖いもの見たさ、というような、ドキドキする作品でした。

 

 

この2冊を選んだのは偶然だったのですが、どちらも『ちょっとした暇』を持て余したことから始まるミステリです。何も予定のない休日や、ちょっと長めの休みのときにじっくり読むのもいいかもしれません。