zarameのブログ

おすすめ本の紹介などしています。著者をア行からワ行まで順番に。

【雑談つぶやき】魑魅魍魎の時代

朝晩急に冷え込むようになってきました。

読書の秋も冬へと移行していますが、寒いときのほうが難しくて長い本を読む気になります。

冬こそ暖かい部屋でゆっくりと読書を楽しむチャンスかもしれません。ココア片手にじっくりと読みたいです。

 

今年は読書会や本まつりなど、読書系のイベントに参加したり、作品の聖地巡礼をしてみたり、ブログを書いたりなど超インドア派の私としてはかなり精力的に働いた(ような?)気がします。本当は今年中に本紹介を半分くらい消化したかったですが、文章を書くって難しいですね。

 

ひとつ誤算だったのは、ブログ更新についてでした。

ゴールデンカムイ関係の記事と、京極夏彦百鬼夜行シリーズ関連の記事が難航しており、年内に書ききることが難しそうです。

そんなに読んでいる方はいないと思いますが、もし待っている方がいたらすみません。鋭意執筆中ですので少々お待ちくださいませ。

 

 

 それで本題ですが、今年読んだ本・マンガについてちょっと一言。

 

近代もの・妖怪ものフィーバーの予感がしました。

 

少女マンガ界隈はほとんどわからないですけど、少年・青年マンガ界だとゴールデンカムイの台頭、ジャンプ系だと鬼滅の刃なんかは人気だし、呪術廻戦はまだ序盤ですが大手になりそうな予感があります。

もともと時代ものや妖怪ものは、世代に関わらず堅調な人気があると思います。アクションあり、謎あり、友情・仲間あり、魅力的な敵ありの上、独特の世界観や衣装などワクワクする要素が多いですよね。

でもなんとなく今のブームって、系統が違うような気がします。

鬼滅の刃の独特な台詞回しや呪術廻戦の問いかけのようなモノローグ、ゴールデンカムイの繰り返される象徴的描写など、印象的な描き方が読者を掴んでいるように思います。単発のブームでは終わらないエネルギーを感じませんか?あと、ゴールデンカムイについて少し驚いたのは、時代を意識して描いているところです。エンターテイメント性だけでなく、当時の帝国陸軍日露戦争帝政ロシアの揺らぎなど、激動する歴史を詳細に設定に練り込んで描く緻密さに驚きました。

 

また、本の分野では昨年直木賞候補作となった上田早夕里氏の『破滅の王』、今秋文庫が出たばかりの柳広司氏の『幻影城市』がともに、第二次世界大戦以降の満州関東軍防疫給水部隊、通称“七三一部隊”を題材に入れた作品を書いています。遠い昔ではない、現在と地続きの時代を描く作品、しかも満州を書いている作品が続くといのは意外でした。

明治から大正、昭和の時代を描いた作品のブームがじわりと来ているような気がします(※あくまで私見です)。

以上、雑談でした。

 

最後に近代・妖怪ものブーム到来へ向けて、イチオシ本とマンガを一挙紹介します。

 

*マンガ

鬼滅の刃

鬼滅の刃 1 (ジャンプコミックス)

鬼滅の刃 1 (ジャンプコミックス)

 

 『鬼』を題材にしたマンガと聞き、気になって読みました。思っていたのとは違いましたが、大正ロマンをほんのり感じるテイスト、テンポの良い台詞回し、笑いとシリアスのバランスがよいマンガでした。『鬼』となった妹を助けるために鬼退治をする、というアンビバレンス、憎み排除するべき鬼に情けをかける主人公。組織のなかの異端として生きながら成長するのは少年漫画等でよくある構成ですが、王道っぽさが出ないのは鬼(敵)側の哀しさが際立つ描き方によるのでしょうか。

少年漫画の王道のように見えてそうじゃない、絶妙な味わいがあるマンガです。

 

②呪術廻戦

呪術廻戦 1 (ジャンプコミックス)

呪術廻戦 1 (ジャンプコミックス)

 

 最近ハマりたての作品。ワールドトリガー再開に合わせて数年ぶりにジャンプを購入し(ちょっと照れくさくて買いにくかった)、タイトルに興味を持ってまんまとやられました。いま2巻しか出てないのでハマるなら今がチャンス。

人から流れ出た負の感情、呪いから生まれる災厄を祓う呪術師たちの物語。主人公は呪いを身体に取り込み、忌避される存在となりながら呪術師への道を歩みます。ダークヒーローものと言うのでしょうか、正統派ヒーローでないけど性格は王道、ってところがいいですね。

ネタバレはあまりしない主義ですが、京極夏彦魍魎の匣』を読んだ人は2巻で唸るはず。2巻の謎が気になった方はぜひ魍魎の匣を読んでみてほしい。

妖怪・異界系マンガで十種の神宝を出すなんて作者は本気ですね。好きです。

 

ゴールデンカムイ

 さんざん他の記事で書いたので、紹介は特にしません。

キロランケとウイルク、鶴見中尉の記事を書こうとしてるのに本誌の爆弾が大きすぎて大幅改正を迫られています。

 

応天の門

応天の門 1 (BUNCH COMICS)

応天の門 1 (BUNCH COMICS)

 

 夢枕獏氏的な世界観かな、と思って読んでみてびっくり。ガチガチの合理主義な話でした。菅原道真の論理的な謎解きが楽しめます。

鬼や怨霊のたたりなど、魑魅魍魎がまさに蔓延る世界を、主人公菅原道真が痛快に解き明かしていく探偵もののような楽しさがあります。一番怖いのは宮廷に巣食う人間たち、というどろどろした権力闘争の描写もスリリングです。

 

⑤明治失業忍法帖

明治失業忍法帖 巻ノ1―じゃじゃ馬主君とリストラ忍者 (ボニータコミックスα)

明治失業忍法帖 巻ノ1―じゃじゃ馬主君とリストラ忍者 (ボニータコミックスα)

 

 幕末から明治に移り変わる時代。武士、町人、商人、外国人、男、女、子どもたち、それぞれの葛藤や煩悶を繊細に描いたマンガです。

主人公は元忍と開化に浮かれる女学生のコンビですが、他にも警察や陸軍、政府に反感を持つ攘夷浪士、居留区に暮らす外国人など、様々な人の視点からも描かれていて、明治に入った江戸を散歩しているような臨場感があります。新しい知識や技術が入ってきたことで活気ずく街や人、古くからのものが壊され追い詰められる人、明治の世の明るさと暗さが同時に伝わってきました。自信を持っておすすめできるマンガです。前に記事を書いたのでよければ併せてどうぞ。

 ちなみに杉山氏もゴールデンカムイのファンらしいです。

 

⑥十十虫は夢を見る

十十虫は夢を見る 1 (ボニータコミックスα)

十十虫は夢を見る 1 (ボニータコミックスα)

 

 こちらは大正ロマン満載の作品。乱歩の世界のような、少し妖しく幻想的な雰囲気とホームズのようなミステリに引き込まれます。

主人公は他人の『夢』に現れ、様々なお告げをしてしまうという体質の少年です。読書好きで学校はさぼりがちなエリート高校生で、自分では全く覚えていない『夢』のせいで次々と事件に巻き込まれます。この時代ならではのトリックや謎が満載なので、ミステリ好きにもおすすめしたいです。『明治失業忍法帖』と併せて読むと、時代の流れを感じて読みやすかったです。

 

 

*本

魍魎の匣

文庫版 魍魎の匣 (講談社文庫)

文庫版 魍魎の匣 (講談社文庫)

 

 近代もの・妖怪ものというなら一度は読んでみてほしい京極夏彦

魍魎の匣』は内容がハードだし、京極作品の独特さは合わない人もいるかとは思うのですが、他の方の感想を聞いてみたい作品です。先ほども書きましたが、『呪術廻戦』読んだ方でこの本を読んだ方は、かなりニヤニヤしませんでしたか?『王とサーカス』を読んで『鉄鼠の檻』を思い出したように。

ちなみに私は、この本を読んだ夜は眠れませんでした。

 

しゃばけ

しゃばけ しゃばけシリーズ1 (新潮文庫)

しゃばけ しゃばけシリーズ1 (新潮文庫)

 

 かわいい妖怪ものならこれ。

おどろおどろしい怪物ではなくて、日常に混じり、人と同じ世界を生きるキュートな妖怪が活躍する本です。癒されたいならこの本だと思います。

お菓子が大好き、それ以上に若だんな大好きな妖怪たちが江戸を自由に駆け回る様子がとってもかわいいです。

 

陰陽師

陰陽師(おんみょうじ) (文春文庫)

陰陽師(おんみょうじ) (文春文庫)

 

 ショート・ショートの怪談集、という趣があります。

平安時代の魑魅魍魎が幅をきかせていた時代を想像させる幻想的な作品です。実際にこんな風に妖怪や怪異がすぐそばにある日常を、一度は味わってみたいです。沙門空海シリーズはいつか映画化していましたが、映像より本のほうが幻想的な感じがします。

 

④破滅の王

破滅の王

破滅の王

 

 歴史SFもので、昨年イチオシした1冊です。

上田氏のSFがすごく好きで、他の本も隙あらば布教していますが、これは歴史ものの風格もあって見事でした。歴史ものを書いたのが初めてとは全然思えません。

満州事変以降の中国、上海自然科学研究所を舞台に架空の細菌が各国に波乱をもたらすという、ハードSFです。しかし、当時の歴史と満州関東軍防疫給水部隊と聞くと、あながちSFとも言い切れない現実味を感じて薄ら寒い心地がしました。


 

幻影城

幻影城市 (講談社文庫)

幻影城市 (講談社文庫)

 

 最近本屋で見かけて買いました。

柳広司氏の本はつい買ってしまうのですが、これもまた一癖ある作品でした。

あまり書くとネタバレになってしまうのですが、関東軍の話がでてくるとは思っていなくて驚きました。満州で映画づくりを夢見る者たちと、周辺を取り巻く異様な空気。柳氏は戦時中、近代歴史の暗さを書かせるならやはりぴか一です。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

【おすすめ本2018】40冊目 酒見賢一

おすすめ本紹介、40回目です。
この記事では著者の五十音順に、わたしのおすすめ本を紹介しています。
今回は酒見賢一氏。

墨攻 (文春文庫)

墨攻 (文春文庫)

 

 酒見賢一氏を知ったはじめての作品。

 『墨子』と聞いて、ピンとくる人はそんなにいないんじゃないでしょうか。

中国の春秋・戦国時代、諸子百家の時代に台頭した思想のひとつ『墨家』の始祖が墨子です。様々な思想家の入り乱れたこの時代でも一風変わった哲学を編み出し、一時は巨大な勢力を誇ったそうですが、国の統一が進み始皇帝の秦が現れた頃から歴史から姿を消したようです。日本で一番有名な『孔子』の儒教と同時期ですが、継ぐ者がいなくなったため、耳にしたことがない人も多いでしょう。

しかし、この『墨家』。一筋縄じゃいかない面白い思想家集団だったんです。

本書は墨子教団の一人の男が、ある城の窮地に駆け付け、絶体絶命の危機を奇策を持って救うという話です。

 墨家の思想は『兼愛』と『非攻』です。兼愛とはおおざっぱに言うと博愛主義のことで、自己と他者とを区別せず、自分を愛するように他人を愛しなさいという思想で、キリスト教のような雰囲気があります。もうひとつ、非攻とは戦を回避することであり、他国へ侵略しようとする国を説得したり、侵略を受けている者の防衛を助けたりしていました。面白いのはまさにここで、非攻といっても専守防衛は認めていることです。博愛と非戦を説いているのに、守るための戦いは厭わない。むしろ城の防衛など戦の戦略・戦術の知識を多分に持ち、その力をもって弱小国家の戦争を助けていたといわれています。

小説ではそんな墨子教団がどうやって防衛戦を繰り広げたのか、どんな精神を持っていたのかを描いています。淡々とした、削ぎ落された文体がむしろ想像を掻き立てます。

 馴染みのない題材ですが、さらっと読みやすい文体でおすすめです。

 

泣き虫弱虫諸葛孔明〈第1部〉 (文春文庫)

泣き虫弱虫諸葛孔明〈第1部〉 (文春文庫)

 

 三国志好きは、読んではいけない本。

 『墨攻』を読んでからこれを読むと、頭が混乱します。

どうも酒見氏は、まじめに(?)書いているときとそうじゃないときのギャップがあります。とりあえず、普通に北方謙三氏や吉川英治氏のような三国志のイメージを持っている方、時代劇や司馬遼太郎氏のような熱い時代物の好きな方は読んではいけません。これはかなりの曲者です。

上記では全然紹介になっていないので説明すると、話の大筋は『三国志』に沿っています。しかしタイトルのような『泣き虫弱虫』な諸葛孔明が描かれるかというと、それも違います。今まで読んだり、観たり聞いたりしてきた諸葛孔明とは全く違う、クレイジー孔明が楽しめます。三顧の礼から泣いて馬謖を斬るまで、有名どころのシーンを押さえていますが、これを読んだ後普通の三国志がわからなくなります。

まじめじゃない三国志でもいいよ、という人ならおすすめです。少し三国志関連の知識があるほうがより楽しめると思います。三国志演義もちょっとかじっていれば更にいいですが。あと、エヴァとかさらっと入ってます。

 

後宮小説 (新潮文庫)

後宮小説 (新潮文庫)

 

 なんと第一回日本ファンタジーノベル大賞受賞作です。

日本ファンタジーノベル大賞とは、あまり脚光を浴びることがないですが、森見登美彦氏の『太陽の塔』や、仁木英之氏の『僕僕先生』など有名な作品も度々ある賞です。

ただ、この『後宮小説』を第一回で大賞に選んだのはすごいと思いました。

だって、冒頭の一文が

腹上死であった、と記載されている。 

 ファンタジーノベルで???

日本でファンタジーというと、児童書の世界のような、少年少女たちが異世界で冒険を繰り広げるような、なんとなくそんなイメージがありました。

冒頭の一文はまずそんな期待を一刀のもとに斬り伏せてきました。

古代中国を舞台としているような国の後宮(后たちの住居)で、時の権力者である皇帝が腹上死し、先帝の後を継いだ新皇帝のため新しく後宮に入れる少女たちが国中から集められるところから物語ははじまります。田舎娘の銀河は物おじしない性格で、興味本位で後宮へ入ることになります。そこでライバルである少女たちと競いながら、謎の人物とも関わりを持つようになり、ついに正妃の座を射止めてしまいます。しかし、国では反乱軍が勢力を拡大し、銀河たちの元へも迫ってきます。

墨攻』のような比較的淡々とした語り口で、講談を聞いているように全体を俯瞰するナレーションが入るので、物語に入り込む感じの小説ではありません。ただ、冒頭の一文やところどころ入る独特の台詞回しが耳に残り、不思議な読後感でした。

読んだことがないタイプの小説、かもしれません。酒見氏らしさが感じられる1作だと思います。

 

【おすすめ本2018】39冊目 桜庭一樹

おすすめ本紹介、39回目です。
この記事では著者の五十音順に、わたしのおすすめ本を紹介しています。
今回は桜庭一樹氏から2冊。

青年のための読書クラブ (新潮文庫)

青年のための読書クラブ (新潮文庫)

 

 あるお嬢様学校を舞台にしたダーク系青春小説。

東京、山の手の一等地に敷地を構える名門女学校「聖マリアナ学園」では毎年「王子」こと学園のスターが輩出される。

女子しかいない平和で息の詰まる学園のなかで、偽の男を演じるのはもちろん女子。演劇部や生徒会など、美貌と家柄を誇り生徒から憧れの目線を向けられる品行方正な「女子」達が王子に選ばれている伝統に、あるとき風穴が開けられる。女子の花園に波乱を演出したのは、「読書倶楽部」という小さな部だった。

 

 桜庭作品のなかで1、2を争うくらい好きな作品です。世間知らずのお嬢様たち、育ちがよく清楚で、明るさに満ちている普通の女子たちが事件に揺さぶられ、残酷さや移り気な非情さを露呈していく描写にゾクッとしました。

マイナーな派閥の「読書倶楽部」は、ときに「王子」が現れたり、落ちぶれた「元王子」を匿ったり、ひっそりとした小さな倶楽部にも関わらず台風の目になっています。

シラノ・ド・ベルジュラック等の外国の文学を読み込むなど、高い教養をみせる孤高の軍団「読書倶楽部」が「王子」を巡る狂騒と冷ややかに、ときに熱く関わっていくのがドラマチックです。やがて終わりの来る学園生活で、定められた「箱庭」の中で一時の熱狂に酔いしれる女子たちが微笑ましくも滑稽で、懐かしくも気恥ずかしい自分の学生時代を思い出しました。

 

 

2冊目がこちら。

私の男 (文春文庫)

私の男 (文春文庫)

 

 1冊目とは打って変わって、狂おしい愛を描いた問題作です。

 

 9歳で孤児となった女の子を、一人の若い男が引き取り家族となった。

 場面は女の子、花が成長し結婚をするところからはじまる。結婚式の当日、養父の淳悟はなかなか姿を現さず、花は激しく不安に陥る。遅れてきた淳悟を見て、花のこころは過去へと飛んでいく。式はつつがなく終わったが、新婚旅行から帰ってきた花は、養父が部屋を引き払い、失踪したことを知る。

 

養父、淳悟との別れから出会いまで、アルバムを遡るように1章ずつ時は過去へ戻り、父と娘の秘された物語が紐解かれていきます。世界でふたりだけの家族、いくつもの秘密を抱えた行き場のない親子の罪の物語だと思いました。

禁忌を共有するふたりが互いに依存し、忌避しながら愛し合う描写が胸に重くのしかかりました。世間から逃げ続けなければならない苦境と、絡み合った相互依存の陶酔が混じり合って、腐臭のする醜さと純粋な美しさを文章から感じました。

 この作品をはじめて読んだときは10代だったので、かなりドキドキしながらこっそり読んでいたのを思い出します。今思えば、ミステリやSFばかり読んでいた当時、甘美な「背徳感」を初めて知った読書だったような気がします。

 設定や構成は真新しいものではないのですが、文章から感じるねっとりした匂い、温度、触感と「背徳」の狂おしい情が抜きんでています。

他ではなかなか味わえない読後感をもたらす本でした。

 

 

【おすすめ本2018】38冊目 桜木紫乃

 おすすめ本紹介、38回目です。
この記事では著者の五十音順に、わたしのおすすめ本を紹介しています。
今回は桜木紫乃氏。

ホテルローヤル (集英社文庫)

ホテルローヤル (集英社文庫)

 

 北国のあるラブホテルで交錯するいくつもの人生を描いた連作短編集です。

話の舞台は既に廃墟となったラブホテル。次の話へ進むごとに時間が遡り、第七話ではホテル建設時まで時が戻っていく趣向で、訪れる人達の視点から廃墟となった建物の歴史をたどっていく構成となっています。

 直木賞受賞作と聞いていたので、恋愛小説かと思って読んだらいい意味で肩透かしを食らいました。

 

 第一話は夢破れたアイスホッケー選手と中学時代の同級生の物語。ケガで不本意に引退した男は、彼女に廃墟でのヌード撮影を依頼し、それを雑誌に投稿することに光明を見出そうとする。

第二話はお寺の住職の若妻が主人公。檀家離れに苦慮するなか、彼女にある支援の話が持ち上がるが…。

第三話はラブホテル廃業の前日譚。父の商売を継ぎホテルの管理をしていた女性は、廃業前に出入りのアダルトグッズメーカーの男と会い、ある提案を持ち掛ける。

 第四話はとある夫婦の日常から。手狭なアパートで舅と同居する夫婦は、寝室も奪われ余裕のない暮らしをしていた。ある日、偶然浮いたお金を手にし、妻は夫にラブホテルへ行くことを提案する。

 第五話は高校の教師と家出した教え子の高校生。妻の長年の不逞を知った教師と都会へ出てキャバクラで働こうとする女子高生の二人は、ラブホテルの扉をくぐるが…。

第六話はラブホテルの掃除婦とその家族の物語。子どもたちは皆家を出て働いており、足を痛め、働きに出ない夫と二人で暮らす日々。普段通りにホテルで働き、帰ってきた妻を夫は五右衛門風呂を沸かして待っていた。

第七話はラブホテル建設秘話。ラブホテル建設の夢に取りつかれた主人公は、妻や義父に猛反対されながらも、建設を諦めようとはしなかった。そんなとき、不倫相手の女性から『子どもができた』と告げられる。

 

どのお話もえぐいぐらいの現実味を伴っていて、綺麗な恋愛小説、純愛小説ではありません。

夢を失った諦念と未練、貧乏ゆえの不条理、停滞した暮らしへの鬱屈、不倫・裏切りへの失望。物語のように上手くいかない、閉塞感にあふれた日常とラブホテルを舞台に交わされる非日常の対比が心に残ります。

 日常と地続きの非日常を過ごしても、何かが変わるわけではない。劇的な変化は起こらないし、どうしようもない現実からは逃れられないけれど、一瞬の場面がきらりと光ることがある。そういう印象を受けました。

モノトーンの日常に、1コマだけ差し込まれた彩色の世界を垣間見るような小説でした。

 

何もない海を見に行く

筆慣らしにお題について書いてみます。

好きな街と言われると、地元や入り浸る神保町、懐かしい横浜に一人でもよく行く熱海や箱根など、色々浮かびます。

でも、一番落ち着く場所は違います。

 

海が好きだけど人ごみは嫌い。

見るのは好きだけど泳がない。

そういう人へイチオシ、わたしの癒しスポット『国府津』です。

f:id:zaramechan:20181022180927j:plain

JR東海道線で東京から13駅。東京からだと1時間以上かかる海辺の小さな街です。

東京から神奈川に下ると、藤沢あたりで海まで来ます。実際に車窓から海が見え始めるのは大体平塚あたりです。

海水浴場なら、江ノ島周辺や大磯、もっと下って熱海などが有名です。

有名どころだとたくさん人が居て落ち着かないという人向けなのが国府津です。ただし、季節や時間帯によっては全くの無人だったこともあり、あまりの人気の無さにちょっと寂しくなったり怖くなったり、不安に駆られることがあったのでご注意を。夕方の薄暗い時間帯に行ったときは、犯罪にあっても誰も気づいてくれなさそう…というヒヤリとした気分になりました。行くなら午前中や昼がいいと思います。

 

でも、疲れたとき、遊ぶほどの元気がないときに行くにはいいところです。

国府津は快速が止まらない駅だし、砂浜が狭く観光客などはほぼ居ないため喧騒は少ないです。

あまりごみも無く、綺麗な景色が楽しめるのもポイントです。

また、国府津の駅はホームから海が見えます。意外と海が見える駅は少ないので貴重です。駅からはちょっと歩きますが、海が見える方向に歩いていけば着くので道も簡単です。

海を見てリフレッシュした後、どこかに行きたくなったら足を伸ばせば小田原等は近いし、東京に戻るなら大船から鎌倉へ行くのもアリです(遊ぶ元気があるなら、最初から小田原・箱根・熱海や江ノ島・鎌倉に行ったほうがいいかもしれませんが)。

疲れた気分を癒したい、一人でゆっくり過ごしたいという方は、一度行ってみてはいかかでしょうか。

 

 

※最後に注意を。

国府津は狭い砂浜と海だけなので、腰を下ろすところがないです。座って海を見たい場合はレジャーシート持参がいいと思います。

あと、飲み物などは駅前のコンビニで買っておかないと買う場所がないです。

ごみはきちんと持ち帰ることもお忘れなく。

折角綺麗な海ですから。

f:id:zaramechan:20181022182949j:plain

f:id:zaramechan:20181022182959j:plain